入れ替わる開発環境、スマートフォン ゲーム開発会社の『生き残り戦略』は

入れ替わる開発環境、スマートフォン ゲーム開発会社の『生き残り戦略』は
来年6月には、スマートフォン体感割合50%:開発会社の戦略

スマートフォンの時代が到来した。難攻不落の要塞のように君臨したフィーチャー・フォンが一瞬に崩れて、
スマートフォンのシェアが急増している。スマートフォンの攻勢に最も打撃が大きいコンテンツ分野はモバイ
ルゲーム分野だ。モバイルゲーム分野はスマートフォン需要層とターゲット層が大部分重なってすでに体感シ
ェアが30%近くにダウンロードされるなど、打撃が深刻だ。特に、業界では来年6月頃 WIPI スマー
トフォンの体感シェアが50%のレベルで均等になるとの見込みが一緒に出てきて、モバイルゲーム開発会社
の変化が不可避になった状況だ。

<変わる開発環境:開発会社には二重苦に>
開発環境におけるスマートフォンの最も大きな特徴の一つは、PCと同じ程度の高い性能を持っているという
点だ。1GHzと同等のプロセッサ(CPU)に加えて、コンピューターで計算すれば3Dグラフィックカー
ドと同じ役割をする専用の高速チップをほとんどのスマートフォンが搭載しており、既存のフィーチャー・フ
ォンとは根本的にゲームの設計を別の方法でしなければならない。
そのため、スマートフォンの開発は、開発会社の立場では企画者、デザイナーから開発者まですっきり新たに
充員しなければならない投資を必要とする。しかし、WIPIの売上げの減少ですでに経営に打撃を与えてい
るモバイルゲーム開発会社に相対的に棒を必要とする開発チームを新たに設置することは致命的な二重苦に近
付いている。
mobile100906_01.jpg 
<変わる開発環境:暮れていくドットの時代>
スマートフォンの解像度は、Androidの場合、ほとんどを800×480をサポートし、iPhone
4の場合960×640をサポートする。ここに様々なタブレットPC類まで加われば解像度は1024×7
68まで拡張される。
このように高くなってしまった解像度は、従来のドットの開発者(点を付けてグラフィックを表現するデザイ
ナー)を震わせる要因となっている。既存のWIPIフォンが240×320の低い解像度と容量の制限によ
り『ドットで開発することしか』できない環境だったとすれば、スマートフォンは高い解像度にむしろ『ドッ
トで開発すると不利な』環境だ。
すでに韓国ではなく北米や日本、ヨーロッパなどに大半の2Dゲームでは、ドットではなく、フラッシュ形態
のグラフィックで製作されており、ドットの開発者の場合、一部のUIなどを担当しながら、イラストなどの
職種を変更している。

<変わる開発環境:3Dゲームの到来>
スマートフォンのもう一つの顕著な特徴の一つは3Dゲームの時代が来たという点だ。モバイルゲーム市場は
、過去の家庭用ビデオゲームの市場と似ているように変化している。過去のスーパーファミコン、メガドライ
ブなどのビデオゲームの時代には2Dドットで描かれたゲームがほとんどだったが、一世代渡って来たセガサ
ターンやプレイステーションの時代に入った後には3Dゲームが主流になった事例がある。
すでに海外ではスマートフォンで、様々なゲームが3Dで発売され、ゲーマーたちの目を高めている。ゲーム
ロフトの『アスファルト5』、Com2uSの『ホームランバトル3D』など可能性を見せているゲームが多
い。3Dで製作すると、機器による解像度の変更を別にする必要がなく、視点変更など有利な点が遥かに多い
。特にスマートフォンは、解像度バージョンがとても多いが、2Dで製作する場合、関連するリソースを処理
するのに非常に多くの費用がかかる。このため、業界ではスマートフォンゲームもビデオゲームの進化した姿
のようにますます3Dが大勢で落ち着くだろうと予測している。

mobile100906_02.jpg 
<生き残り戦略1:大企業は自主的に、中小企業は連携するという形で>
このような状況で国内モバイル業界では多彩な動きがみられる。まずCom2uS、ゲームビル、NEXON
Mobileなどの資本が十分な企業ではスマートフォンの開発人才を捜すのが盛んである。Com2uS
は最近大学街を回って採用説明会を開くなど新世代の開発者の募集に夢中だ。ゲームビルとNEXON Mo
bileもデザイナー、開発者など人才を探し出した状況だ。
しかし、このように資本が支えられない開発会社は、一部協力する姿を見せている。スマートフォンの開発の
集まりのエプセントなどではすでに多くの企業が、自ら得意な専門分野を明らかにしてお互いに協力するコア
システムを運用している。サウンドの専門企業、グラフィックの専門企業、デザインの専門企業など多くの企
業が合わせて市場に通用するレベルの『高クオリティ』 コンテンツを制作し、勝算を高める方法が広く伝え
られている。

<生き残り戦略2:問題になる違法コピー..部分有料化の割合を高める>
スマートフォン市場のもう一つキーワードは、著作権侵害の解決だ。現在iPhoneの場合、アメリカで8
0%が脱獄したという指標が続々と上って来ており、GoogleのAndroidの場合、別の脱獄なくて
もコンテンツのファイルしかない場合脱獄をしなくても、コンテンツを無料で楽しめる状況だ。
このような違法コピーの蔓延は、開発会社への恐怖のように近付いている、苦労して開発チームをかためるこ
とは、開発会社の立場では違法コピーで収益が出ない場合一瞬にして倒産する恐れがあるからだ。
このため、専門家はゲームを0.99ドルで出して、ただのイベントを着実にしながら普及率を高めた後部分
有料化に比重を置くことだと助言する。実際にCom2uSの場合『ホームランバトル3D』でアイテムの販
売がダウンロード収益の5倍を超えるなど良い成果を見せている。
もう一つ、国内には審議の問題のためまだスマートフォンゲーム市場が開かれなかった。専門家はスマートフ
ォンのゲーム市場が開かれる際に合わせゲームを準備しておいてから素早く出せば、良い成果を出すことと助
言している。

2010年9月6日 ゲーム東亜 IT/科学
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ