WPに映った韓国のインターネットゲームのブーム

WPに映った韓国のインターネットゲームのブーム
インターネットゲーム産業の飛躍的な成長...ゲーム中毒の弊害は、社会的問題

18054506893_60600030.jpg 
 
アメリカの有力新聞であるワシントンポスト紙が17日(現地時間)、韓国のインターネットゲームの流行を
紹介して人目を引いた。
WPは今月初め、釜山広安里で開かれた『StarCraft』種目の新韓銀行プロリーグの決勝戦で1万人
の観客達が雲集したとしながら、『eスポーツ』と呼ばれる韓国のインターネットゲーム産業は、TV、映画
に匹敵するほどに成長を遂げていると伝えた。
また、世界で最もインターネットが活性化になった韓国のスタープロゲーマーは高額な年俸と共に多くのファ
ンを確保した有名人として脚光を浴びていると付け加えた。
WPは、しかし、インターネットゲーム中毒は、韓国のもう1つの社会問題になっているとし、韓国の平凡な
高校生たちは1週間に平均23時間をインターネットゲームに使用していると紹介した。
WPは、特にネクソンを代表するオンラインゲームのメイプルストーリーが先月、同時接続者数が41万6千
人を記録したとしながらこれは115人当り1人の割合で、インターネットゲームを楽しんでいる事と指摘し
た。
韓国政府はこれを受け、過去5年間、インターネットゲーム中毒と戦うために努力して来たが『今までの関連
政策が大きい効果はなかった』と同紙は伝えた。
これに関連し、現在韓国では、午前0時から午前6時までの深夜時間帯の未成年者のインターネットゲームを
防ぐ法案を巡り国会で論難が起っており、政府内でもインターネットゲーム規制の問題を巡り、文化体育観光
部と女性家族部の間で意見の相違が起きていると紹介した。
一方、WPは、各国の政府が新たなレジャーとして人気を集めているインターネットゲームの規制法案作りに
乗り出しているだけでなく、アメリカの場合は、未成年者への暴力的なビデオゲームの販売を禁止したカリフ
ォルニア州法律について、最高裁判所が見直しに取り掛かる計画で、中国では、ゲームメーカーに、ゲーム中
毒を防ぐ体制を整えることを要求する法律が最近導入されたと伝えた。

2010年8月18日 韓国ノーカットニュース 世界
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ