ネクソン日本法人、ソーシャルゲーム市場の拡大『雪道』

ネクソン日本法人、ソーシャルゲーム市場の拡大『雪道』

ネクソン日本法人がソーシャルゲームのラインナップの強化に出た。昨年、米国のゲーム開発会社Fanta
ge.comに続き、最近では、スペインのゲーム開発会社BoomBang Gamesに株式投資を断行
、海外市場の拡大に腕を捲り上げた。
5日、ネクソンによるとネクソン日本法人(代表 崔承祐)がスペインの開発会社 BoomBang Ga
mes S.L. の株式32%を確保した。今回の投資は、イギリスのロンドンに所在する素材の技術関連
の投資銀行である Agnitio Capital の諮問に基づいて行われた。
2004年に設立されたBoomBang Gamesはスペインのバルセロナに本社を置くオンラインゲー
ム開発会社だ。代表作はフラッシュをベースにしたコミュニティゲーム『BoomBang』だ。このゲーム
は、アバターを飾ることと様々な方式のソーシャルネットワーキングが可能だということが特徴だ。

▲BoomBangの代表作『BoomBang』
ネクソン日本法人は、今回の投資を通じてコミュニティゲームのラインナップ強化に加え、スペインを中心と
した海外サービスの拡大に乗り出す計画だ。
ネクソン関係者は『ネクソンの海外法人も自主的にゲームのIPを確保し、市場拡大に乗り出している。今回
の投資の場合、ゲームのIP確保ではないが、株式投資をしたという点で、現在構築されたネクソンの海外ネ
ットワーク(71か国)を通じて『BoomBang』のサービス拡大に努力する計画だ』と伝えた。
以前、ネクソン日本法人は米国のゲーム会社 Fantage.com Inc.にも株式投資を断行し人目
を引いた。昨年、ネクソンが公開した監査報告書によるとFantage.comの株式32%を確保した。
Fantage.comはソーシャルベースのコミュニティゲームで『Fantage』を発売した。現在、
このゲームはネクソンの海外ネットワークを通じ米国のみならず日本、ヨーロッパなどでサービスしている。

2010年10月5日 ZDNet Korea IT/科学
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ