『G-STAR2010』歴代最大規模で11月18日に開催

『G-STAR2010』歴代最大規模で11月18日に開催

昨年の来場者24万人を突破し、歴代最大規模の実績を記録した国内唯一の国際的なゲーム博覧会『G-ST
AR』が最大規模で、11月18日から21日までの4日間開催される。
今回のG-STAR2010参加者募集の結果13日現在、B2C館とB2B間ブースの両方が全て締め切ら
れ今回の行事に対する国内外の企業の高い関心と期待を反映している。
展示スペースが前年度比25%増のB2C間の場合、90余りの国内外の企業や機関が参加申し込みをしブー
スが全て締め切られた。参加企業は、海外メジャーゲーム企業のうち、ソニーコンピュータエンターテインメ
ント、マイクロソフトとブリザードエンターテインメントがそれぞれ韓国支社を通じ参加を確定し、また韓国
のゲーム産業をリードしている主要なゲーム会社のNHN、NCソフト、NEXON、ネオウィズゲームス、
エムゲーム、XL Games、LNKロジック、We madeエンターテインメント、ハンビットソフト
などが大挙参加する予定だ。
B2B館も昨年に比べ参加企業が30%増加するなど、既に韓国を含め21か国190余りの企業が参加を確
定し、現在も参加の問い合わせが続いている。特に、国内の参加企業の場合、去年50余りの企業で今年の1
00以上の企業に大幅に増加した。
その他にもアーケードゲーム館、コンソールゲーム館、ボードゲーム館など体感型のゲーム館の規模が昨年よ
りも拡大するにつれ、ゲームの利用者だけでなく、家族単位の一般来場者も見どころとアクティビティを十分
に体験できる機会を持つ事が見込まれる。
韓国コンテンツ振興院のイ・ジェウン院長は『今年のG-STARスローガンが「G-Star2010、G
ame&More」であるだけにG-STARを通じゲーム以上の価値観や文化を創造し、世界のゲーム産業
をリードするグローバルな行事として発展させていきたい』としながら『G-STARが、数年以内に世界の
ゲーム産業の関係者が必ず参加しなければならない国際的な行事として位置するだろう』と話した。
一方、G-STAR2010は、昨年に続き、文化体育観光部(長官 柳仁村)と釜山広域市(市長 許南植
)が共同主催し、韓国コンテンツ振興院(院長 イ・ジェウン)と釜山情報産業振興院(院長 キム・キュチ
ョル)が共同主幹して行われる。

3.jpg 

↑G-STAR2009全景

2010年10月13日 ゲーム朝鮮
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ