オンラインゲーム業界、SNSの活用の現住所は?

オンラインゲーム業界、SNSの活用の現住所は?
 
FacebookやTwitterが代表されるソーシャルネットワーキングサービス(SNS)が全世界を
襲ったことは、私たちがよく知っている事実です。このようなSNSの影響圏にゲーム業界も入って行きます
。最近では、ゲームをランチングすればTwitterを使って口コミ効果を狙うのが正にその例です。
なので、ゲーム業界に聞きました。SNSの活用をどのようにしているかって。それぞれ答えは違いました。
SNSの可能性を見て熱心に運営されている所もあったし、今正にSNSに目を向けた企業もありますね。
実際にゲーム中でのネットワークがうまく構築されていてゲームポータルで掲示板が活発に帰ると、企業はS
NSを広報以外に、敢えて活用する必要性が感じられないのですね。しかし、ほとんどの企業がSNSの活用
は重要で、また、全てが必要だという立場を見せたのです。
ネクソンは、企業Twitterを開いたが、まだ正式にはオープンしたことはないとしています。最近では
、公採に関わる質疑応答が多く上って来ましたね。ネクソン側は『追い求めようとするイメージとメッセージ
を送り出す双方向性などを考慮して正式オープンすること』としながら計画を明らかにしました..
ゲーム業界を調査してみました。SNSを利用した具体的なサービス戦略はなかったですね。残りの中堅・中
小企業も別に差のない状態です。
今年の初め、ゲーム業界の関係者にSNSを活用する案はあるのかと聞いたことがあります。当時、一時的な
流行という言葉もあり、マーケティングの手段に留まるという現実を指摘した声も出ました。
今業界は変化しています。たった今SNSに目を向けているとみれば良いです。SNSの活用は、コミュニケ
ーションの窓口が増え利用者に迅速な答えが可能だという点で肯定的です。メーカー全てのSNSを重要に考
えているだけに、来年の市場の変化を期待してみます。

2010年10月19日 デジタルデイリー IT/科学
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ