(株)ネクソン、開発スタジオの独立した運営体制の強化 2010.11.01

(株)ネクソン、開発スタジオの独立した運営体制の強化

姜信代表、11月1日から(株)Neopleと(株)EXC Games代表取締役専任
ネクソン本社は、傘下の開発組職の支援に重点

ネクソンは11月1日付で現ネクソン共同代表取締役である姜信代表が自社のコア開発子会社2社Neop
leとEXC Games代表を引き受け、ネクソンは徐旻代表体制で運営されることを明らかにした。
今回の代表職発令は、ネクソンの独立した開発スタジオの運営戦略の一環として断行された。
複数の開発子会社を置くネクソンは、今後の本社の役割を傘下の開発スタジオが自律的な創造性を最大化でき
るようにすることに焦点を置く計画だ。そのため個々のスタジオの開発ゲームのマーケティング、テクニカル
サポート、運用、顧客の相談などのゲームサービスのために必要な包括的なパブリッシングサポート業務を大
幅に強化する方針だ。
ネクソンは『グループ内開発スタジオの独立した運用体制を本格的に導入するにあたり、最優先的に考慮され
た組職が正にNeopleだ。現在、ネクソングループの中で最大の売上げを発生させている重要な子会社で
あるだけに、4年以上のネクソンの共同代表取締役を果たして来ただけでなく、成功した開発子会社の代表職
の遂行の経験を持つ姜信代表が最適だと判断した』とし、徐旻代表が単独で引き受けることになるネクソン
本社の役割は、子会社を含め、各開発組職を調整し、サポートすることに焦点が合わせられる予定』と話した

姜信代表取締役は1998年にネクソンに入社して以来子会社(株)m-flo代表取締役を務め、『Q-
PLAY』、『クレージーアーケードBnB』などのゲームの開発を率いてきた。また、ネクソンのテクニカ
ルサポート本部長を兼任しゲームの開発とサービスに必要な各種の技術サポート業務を統括してきており、2
006年からは、ネクソンの共同代表職を遂行して来た。

CI _#49464;#47196;#51312;#54633; 
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ