ネクソンG-STAR2010コンセプトは、『統合』と『体験』 2010.11.02

ネクソンG-STAR2010コンセプトは、『統合』と『体験』
 
|ネクソンと子会社のゲームが一団となった統合及び体験の館でデザイン
|新作3種類、人気ライブゲーム3種類、人気モバイルゲーム6種類試演台用意

(株)ネクソン(代表 徐旻)は11月18日から21日まで計4日間、釜山展示コンベンションセンター(
BEXCO)で開催される国際ゲーム展示会、G-STAR2010で『統合』と『体験』をコンセプトに展
示館を用意する。
まず、ネクソンは人気ライブゲーム3種類と子会社のゲームを統合し参加をする。ネクソンの人気オンライン
ゲーム『メイプルストーリー』、『マビノギ英雄伝』、『アラド戦記』と共にキム・テゴンプロデューサーの
次回作に大きな期待を得ているNDOORSの新作『三国志を抱く』そしてNEXON Mobileの人気
ゲーム6種類に『モバイルゾーン』を構成し、ネクソンと子会社が調和する空間としてデザインされる。
この他にもネクソンのマルチプラットフォーム用の新作2種類とマビノギ英雄伝の四番目の新キャラクター『
カロック』が試演台を通じ初めて公開される予定だ。
また、『体験』に重点を置き、ブースの大部分を試演空間として活用、できるだけ多くの観覧客が待つことな
しにゲームを楽しめるように支援する予定で、様々な観客参加型イベントも用意する。
それぞれの試演台を通じ体験をしたユーザーを対象に様々なな景品をプレゼントすることはもちろん、出品の
ゲームのプロモーションビデオを鑑賞できる。加えて、『マビノギ英雄伝』の新キャラクター『カロック』に
関連する特別なイベントがネクソン館で実施され、『アラド戦記』と関連し、現在、ongamenetを通
じ人気裏に放送中の『アラド戦記リーグ』と『良民が怒った』の放送の撮影がG-STAR現場で行われる。
一方、ネクソンは18日午前11時にメディアを対象とした懇談会を通じネクソングループのビジョンと社会
貢献の計画そしてNDOORSの新作『三国志を抱く』と『マビノギ英雄伝』の新キャラクターについての詳
細を発表する計画だ。
ネクソンの徐旻代表は『ネクソン館をネクソンと子会社そしてライブゲームと新作が調和した空間として設け
ること』としながら『様々な体験スペースを設ける予定ですのでネクソン館に多くの関心をお願いする』と述
べた。

ネクソンポータル:http://www.nexon.com

#51648;#49828;#53440;_#45349;#49832;#44288;
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ