巨大ネクソン、組織力の強化『宣言』・・・『世界の市場の先頭に立つ』

巨大ネクソン、組職力の強化『宣言』・・・『世界の市場の先頭に立つ』

ネクソン(代表 徐旻)は18日G-STAR2010イベントの一環として釜山海雲台センタムホテル4階
に用意されたヘラホールで記者懇談会を開いた。
この日徐旻ネクソン代表とジョ・ソンウォンNDOORS代表、ジュ・ミンヨンゲームハイ代表などが参加し
席を輝かせたし組職の力量強化戦略やビジョンを提示、開発の新作紹介、社会貢献の計画などを公開した。
ネクソンの組職力強化戦略は、新規開発の組職とLIVEサービス組職間の専門性をさらに強化しNeopl
e、NDOORS、ゲームハイなど子会社の独立性と相互間のシナジーを最大化するということに焦点を合わ
せた。
これまでネクソンは、多くの開発子会社を編入しながら、巨大になった組職をより効率的に導くための交通整
理をして来た。ネクソンは現在計12の子会社を運営している。有機的な融合と独立性、創造性を奨励するた
めのネクソンのサポート活動を強化するという立場だ。
 
NKEjmKDdgg4Ifcw6QzTH.jpg 

▲ネクソン記者懇談会の様子。

イム・ジョンギュンネクソン理事は『過去NEXON Koreaは、開発組職内での新規開発の組職とLI
VE組職が一緒に動いた。しかし、このような組職に拡大統合改編しゲームの開発力を強化中』としながら、
『成果では昨年の夏ビッグバンの大規模アップデートを行ったメイプルストーリーが国内最高同接41万人を
達成した。また、マビノギオンラインの場合にはシェークスピアのアップデート以降売上げが22%増加する
など、期待以上の成果を得た』と述べた。
続いて、彼は『最近の果敢なM&Aを推進し、戦略的な系列の管理をしている。何よりも、海外事業の統合に
より、現地化サービスの能力を育て持続的に発展させる計画だ』と強調した。
ネクソンはこの日、完璧な海外事業の統合により全世界のゲーム市場の先頭に立つという抱負を伝えた。現在
ネクソンは海外に構築された子会社のサービス組職を統合している。NEXON EuropeがNDOOR
Sヨーロッパ法人と統合し、ネクソン日本法人がゲームハイ日本法人を吸収する形だ。これは、現地のサービ
スの能力を最大化するためのネクソンの事前の布石とみられる。
今年5月ネクソンの子会社に編入されたNDOORSは1999年に設立されたオンラインゲーム専門開発会
社で『アトランティカ』『君主』などが代表開発小さい出した。現在NDOORSでは新作ウェブゲーム『三
國志を抱く』を開発中だ。
同時期にネクソンはゲームハイを子会社に編入した。ゲームハイは2000年に設立されたオンラインゲーム
の開発及びサービスの専門会社だ。ゲームハイの代表作『サドンアタック』『デカロン』『メタルレイジー』
などだ。韓国を代表する一人称シューティングゲーム(FPS)『サドンアタック』は、来年初めに中国進出
を控えているだけに、今後のネクソンの成長動力に生まれ変わることで期待される。
社会貢献計画の発表では、ネクソンの新社会貢献ブランド『ネクソンハンズ』を公開した。分かち合いと助け
を意味する『ネクソンハンズ』はネクソン及び子会社でそれぞれ進められている社会貢献を一つにまとめる役
割を担う。今後の社会的弱者支援、創意支援、寄付活動、教育活動などを体系的に繰り広げていくというのが
ネクソン側の説明だ。

Ja97ZHc4ihXzntJgY1RL.jpg 

▲キム・テゴン取締役の次期作品『三國志を抱く』

特にこの日ネクソンは、これまでベールに包まれた子会社NDOORSの新作ゲーム『三國志を抱く』の詳細
を公開し人目を引いた。何よりも『三國志を抱く』が国内初のウェブブラウザベースで駆動する3D多人数同
時参加型オンラインRPG(MMORPG)で明かされ、メディア関係者の注目を集めた。
『三國志を抱く』は、三國志の世界観をベースにした▲ターン方式の戦略戦闘▲領地の建設と拡張▲ダウンロ
ードなしですぐに楽しめられる優れたアクセシビリティ▲iPadなどのタブレットPCの駆動で既存のウェ
ブゲームに対する認識とパラダイムを変えられることで期待される。このゲームはG-STAR2010会場
内に用意されたネクソンのブースを通じ一般に公開された状態だ。

NKEjmKDdgg4Ifcw6QzTH.jpg 

▲キム・テゴンNDOORS取締役が『三國志を抱く』の紹介を務めた。

キム・テゴンプロデューサー(理事)は『革新を試みることに対する悩みをたくさんして来た。今まで発売し
た『君主』と『アトランティカ』がその結果物』としながら『今回新たに試みたのはウェブブラウザーベース
の『三國志を抱く』だ。このゲームは、ウェブブラウザベースの単純さと低い完成度、MMORPGの複雑性
を嫌やがる利用者に良い反応を得ることを期待する』と述べた。
彼はまた『17C清国の時出てきたモジョンガンボン三國志原作に忠実だった。三國志の伝統性を盛ったと確
信している。三國志を題材にしたのは歴史の中で生きている人生の教訓が満載の内容を入れたからだ。宿命だ
と考えゲームを製作中だ』と付け加えた。
最後に、ネクソンは2010大韓民国ゲーム大賞で令嬢の対象を受賞した『マビノギ英雄伝』の新キャラクタ
ー『カロク』について内容を伝えた。『カロク』は筋肉質の巨体に巨大な柱を主な武器として使用し、荒いア
クションを披露するキャラクターだ。
記者懇談会現場には『カロク』のモデルに抜擢された有名な異種格闘技選手『ボブ・サップ』とマビノギ英雄
伝の人気キャラクター『耳鼻』のモデルが、各キャラクターの衣装を着て登場し、多様なパフォーマンスを繰
り広げた。
徐旻ネクソン代表は挨拶で『ネクソングループの社会貢献のブランドと新たな家族となったNDOORSの新
作を公開することになり嬉しく思う』としながら『今後ともネクソンは、企業の社会的責任についての悩みや
努力を尽くと同時に、グローバルゲーム企業として様々な成長動力を絶えず発掘していく計画だ』と述べた。
と同時に、ネクソンはG-STAR2010を通じNDOORSの新作MMORPG『三國志を抱く』と『マ
ビノギ英雄伝』の新キャラクター『カロク』を初公開した。『メイプルストーリー』『アラド戦記』などの人
気オンラインゲームと『メイプルストーリーシグナス騎士団』『アラド戦記鬼剣士』などの人気モバイルゲー
ム6種を一緒にリリースした。

2010年11月18日 ZDNet Korea IT/科学
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ