『隠遁の財産家』金正宙ネクソン会長とは誰ですか?

『隠遁の財産家』金正宙ネクソン会長とは誰ですか?
94年にネクソンを創業・・・M&Aの卓越した能力を見せ、国内の代表的な財産家として登板

オンラインゲーム会社ネクソンの日本の上場が可視圏に入ってきてネクソングループを率いている金正宙(4
2)会長への関心が大きい。予定通り、ネクソンの日本の上場が成功すれば、金会長は李健煕サムスン電子会
長に次ぐ財産家に上がる見通しだ。
金会長は『隠遁の財産家』と呼ばれる。1994年にネクソンを創業し、ずっとオンラインゲーム事業を行っ
ているが、外部への姿をよく現わさなかった。しかし、彼が歩いて来た足跡は華麗だ。
金会長は1996年世界初のオンラインゲーム『風の王国』を開発し、頭角を現わした。当時だけでもオンラ
インでゲームを楽しむという概念が皆無だったので『風の王国』は、国内外の大きな関心を受けた。しかし、
オンラインゲーム市場が弱く当時の状況ではネクソンはゲームよりシステム統合(SI)事業に重点を置くこ
ともした。
この時期にNHNとの縁も始まった。金会長は普段親しみがあったイ・ヘジンNHN創業者の要請を受け、N
HN(当時ネイバーコム)のサーバレンタルなどをしてくれる代わりにでNHNの株式を得た。金会長とイ・
ヘジン現NHN取締役会議長はソウル大コンピュータ工学科とKAIST大学院の卒業生だ。KAIST在学
時代には寮のルームメイトでもあった。
取得原価が13億5800万ウォンほどだったNHNの株式は現在約4000億ウォン規模にまで増えた。も
ちろんネクソングループの持株会社であるNXCが保有する株式(持分比率4.24%)だが、NXCの株式
のうち金会長が47.49%を確保しているという点でかなりの評価差益を得ているわけだ。NXCの2大株
主にも関わらず、金会長の夫人であるユ・ジョンヒョンNXC取締役(20.71%)だ。
2000年代に入って金会長は企業の買収合併(M&A)に特別な能力を見せネクソンを国内の代表的なゲー
ムメーカーに引き上げた。ネクソンは2004年『メイプルストーリー』の開発会社だったWizetを買収
したのを皮切りに2005年NEXON Mobile、2006年ヅビクエンターテインメント、2008
年Neopleを買収した。
特に、Neopleの買収は劇的だった。ネクソンは『アラド戦記』開発会社だったNeopleを当時38
00億ウォンで買収した。買収価格が高すぎるのではないかという指摘もあった。しかし、Neopleは昨
年だけで売上高1558億ウォン、営業利益1314億ウォンを記録し、期待に応えた。今年はゲームハイと
NDOORSなどのM&Aの大魚を相次いで釣ったりした。
卓越な経営能力を見せている金会長だが最近よく姿を現わしていない。ただ数年前から韓国芸術大学校の芸術
経営学科に着実にいき、趣味の演劇に没頭していることが知られている。
通常の経営者みたいな容貌ではないためハプニングが起きたりもした。数年前宣陵にある会社を訪問した金会
長は自分の会社の出入口から制裁を受けた。警備員は『部外者はむやみに入ることはできない』と阻んだ。あ
まりにも姿をよく現わさないので、社員らさえ創業者の顔をよく知らなかったのだ。実際ネクソンの社員の中
には金会長の顔を直接見ていない人も相当数だ。
ネクソン関係者は『金会長は最近ネクソンの主要な経営意思決定にのみ関与するだけで関連会社の経営陣に主
要な業務を一任している』と述べた。
ネクソングループは来年の日本の上場を目標に上場の準備作業に邁進している。関連業界は、ネクソンの上場
後の時価総額が約13兆ウォンに達するものと予想している。予定通りの上場が実現すれば、金会長の財産価
値は約7兆ウォンに迫る見通しだ。

2010年12月7日(火) マネートゥデイ IT/科学
プロフィール

Author:taleslab
株式会社ネクソン、NEXON Corporationが開発・運営する無料オンラインRPG『テイルズウィーバー』の韓国における情報の翻訳及びNEXON Corporationのプレスリリースなどの情報の翻訳によるブログを活用した情報発信と広報 ネクソン日本法人が運営配信するテイルズウィーバーのゲーム普及・広報

注意
当ブログにおける一切の各種データ情報の著作権、使用権は株式会社ネクソン、韓国NEXON社に帰属します。 掲載については、株式会社ネクソン、韓国NEXON社の利用規約を遵守し提供しています。当ブログからの無断転載、再配信を禁止します。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
リンク
最新のオンラインゲームの情報はこちらのサイトへ